車を手放す際に、車下取りにするのか車買取にするのか悩む人も多いのではないでしょうか。

そもそも車下取りと車買取について違いが良くわからずに、ごっちゃになっている人も少なく無いと思います。

車下取りは車のディーラーに多い売却方法になっており、新しい車を購入する際に、現在乗っている車の価値分だけ値引して新車を売るという方法になります。

つまり新しい車と古い車を販売店で入れ替えて価値の差額を支払うという感じだと理解しておくといいと思います。手続きが楽で利用している人も多いのではないでしょうか。

車買取はその名前の通り、車を車買取り業者に買い取ってもらうという方法になります。

車下取りと違って、車売却の際に車を新たに購入する必要はないです。車買取り業者によって車の買取り価格は違ってくるので、自分で売却業者を探す必要があります。

車下取りはディーラーが行うので手続きが非常にスムーズで利用しやすいというメリットがありますが、買取り価格は安いというデメリットがあります。

車買取は下取りよりも高く買取ってもらえるというメリットはありますが、買取り業者によって買取り金額に大きな差があるので、車買取り業者を比較しないと高く買取ってもらえない可能性があります。

ただこの買取り業者の比較は車一括査定を利用するとすぐに分かるので、車買取で売却する際には車一括査定を利用するといいです。http://www.ckschneider.com/